【感想】すずめの戸締まり|前に進むための物語

※当ブログではアフィリエイト広告・Google AdSenseを利用しています

2022年11月11日に公開された『すずめの戸締まり』

2016年『君の名は。』2019年『天気の子』と近年は災害をテーマに描いてきた新海誠監督の8作目の劇場用アニメーション映画になります。

WOWOWで視聴したのでネタバレありの感想でも。

 

すずめの戸締まり

 

 

ストーリー

 

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。

彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、古ぼけた扉。

なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…

PrimeVideo すずめの戸締まり より

 

登場人物

  • 岩戸鈴芽[原菜乃華]

主人公。4歳のころに震災に合い母を亡くす。

現在は叔母の環に引き取られ宮崎県で暮らす。

  • 宗像草太[松村北斗]

旅する閉じ師。後ろ戸を閉めるため、日本各地を旅して回っている。

  • 岩戸環[深津絵里]

鈴芽の叔母。

  • 芹澤朋也[神木隆之介]

草太の友人。友達思いなナイスなチャラ男。

  • ダイジン[山根あん]

鈴芽が引き抜いた元西の要石。草太を椅子に変えたあと、日本各地の後ろ戸が空いてる場所に姿を表す。

Sponsored Links

 

 

感想

『秒速5センチメートル』の辺りから新海監督の作品が好きで見ていた私としては、新海節とも呼べるあのナルシシズムを感じる独白の連続やロマンティックさ、過剰なまでの風景の美化などがほとんど感じられなくなり物足りなく感じた今作。

ストーリー自体はまとまっていてラストは感動したものの、一度見たときはあまり納得感がないままどんどん進んでいき置いてけぼりになった印象でした。

 

なんで納得感がなかったのかといえば、やっぱりなにか唐突に感じる恋愛描写のせいだと思います。

草太が椅子にされた → 助けたいっていう流れはわかるんですが、何がそこまで鈴芽を動かすのかが全く持って伝わってこなかったんですよね。

草太も草太で要石として封印されることを嘆くものの、そこまでに2人が思い合うような深い思いいれも感じられず…

 

中盤まで謎も多かったダイジンの存在も一度見ただけだとわかりにくかったですね。

何度か見ていると鈴芽の何がダイジンを執着させているのか、「ダイジンと鈴芽」の関係が「鈴芽と環さん」の関係と対比されていたんだなともわかりましたが。

そのことを理解してから見ると、唐突に感じるPAでのサダイジンの登場シーンもダイジンが鈴芽にそうであったように、ダイジンと同じ立場で鈴芽が知らず知らず環さんから大事なものを奪っていたことをわからせ、ダイジンのこれまでの気持ちを感じさせられるシーンでした。

 

ラストの常世でのシーンがこの映画の鍵ですかね。

日常が壊れてしまった幼い鈴芽に「私はあなたの明日」とあえて遠い先である「未来」とは言わずに「明日」と伝えることで身近な日常がこれからも続くという希望を感じられました。

タイトルの『すずめの戸締まり』が単に各地で開く後ろ戸を閉めていくことだけではなく、鈴芽の成長と未来への歩みにもかかっているのは見終わったあと理解して感動しましたね。

 

最後に

新海監督はいつも声優のチョイスがうまいですね。

今回の神木隆之介や深津絵里もエンドロールで名前を見かけるまで全く気付きませんでした。

作品としては一部物足りない部分もあるかもしれませんが、新海誠の集大成と言える内容でおもしろかったです。

個人的にはそろそろ新海誠節が強めな作品も味わいたい。

 

RADWIMPSによるサントラ盤。主題歌も入ってます。

すずめの戸締まり

すずめの戸締まり

  • アーティスト:RADWIMPS
  • Universal Music
Amazon