【感想】ドラマ名探偵ポワロ「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜」|なんだか悲しい結末に

※当ブログではアフィリエイト広告・Google AdSenseを利用しています

どうも最近AXNミステリーばっかり見てる管理人のそうです。

デビッド・スーシェ版『名探偵ポワロ』は以前からながら見くらいであまり真剣に視聴できていませんでしたが、AXNミステリー (現ミステリーチャンネル)2023年2月の特集放送で毎日放送されていました。

全部は見きれなかったものの、最終話「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜 (原題: Curtain: Poirot’s Last Case)」を見れたのでポワロロスの中、ネタバレありの感想でも。

 

#70 カーテン~ポワロ最後の事件~

#70 カーテン~ポワロ最後の事件~

 

 

ストーリー

 

スタイルズ荘は、かつて殺人事件の舞台となった場所だが、現在はラトレル夫妻が経営するゲストハウスとなっていた。

ヘイスティングスは親友ポワロから招かれ、屋敷を訪れた。

ポワロとの再会を楽しみにしていたヘイスティングスだったが、出迎えたポワロは見違えるほど痩せ衰え、車椅子に乗っていた。

自分の身体の自由が奪われた状態のポワロは、ヘイスティングスを呼び寄せたのは「第二の殺人」を阻止するためだというのだった…。

Amazon Prime Video 名探偵ポワロ (字幕版)  #70 カーテン~ポワロ最後の事件~ より

 

感想

デビッド・スーシェ版『名探偵ポワロ』は、1989年から2013年まで20年以上にわたって全70エピソードが放送されたテレビドラマシリーズです。

「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜」は、タイトル通りポワロの最後の事件を描く最終話です。

舞台は原作小説でポワロが初登場した「スタイルズ荘の怪事件」と同じスタイルズ荘。

最後の事件が最初の事件の舞台で描かれるという設定でテンション上がります。

 

車椅子なポワロ

久しぶりにヘイスティングスと再開するポワロの姿は、かつての姿から想像もつかないほどやせ細った様子で、車椅子に乗って登場するというその変貌ぶりにこちらも度肝を抜かされました。

ストーリー中、時折見せるポワロの表情もいつにもまして鋭く険しく怖い印象を受け、事件を起こそうとする人物に対する思いも殺伐としていたためどうしたものかと思いながら見てしまいました。

 

究極の殺人

今回の事件の犯人はノートンという男でした。

ノートンは、一見すると気弱そうな人物に見えますが、その本性は冷酷で残忍な殺人者でした。

ポワロに「究極の殺人」とまで言わしめた巧みな話術と策略で、人々に嫉妬や疑念を抱かせ自分の快楽のためだけに殺人を行っていきます。

ヘイスティングスもその一人で、すっかりその手口にのせられ苛立ちを積もらせていました。

ノートンとの直接対決の場面では、ポワロに対し嫌味ったらしく振る舞ったり勝ち誇ってみせたりと見ているこちらも非常に不愉快!

スタイルス荘に集まった人物に「他人の命を奪っていいいのか」というテーマを語らせる中、ポワロは自らが罰を与えることを選んでしまう。

ポワロ自身もこの行ないが正しいことなのか最後まで神に問いかけていましたが、なんだかもやもやする悲しい結末になってしまいました...

 

ヘイスティングスとのやり取り

ただそんな暗い展開の中でも、ポワロとヘイスティングスのやりとりはいつも通りのほほえましいものでほっこり。

体力の衰えたポワロが、ヘイスティングスに対して「あなたの脳みそは空ですか!」と怒鳴ったり、ポワロが「飲み物を」と言うとヘイスティングスが「結構です」と答えたとたん「私に!」なんて言うやりとりは、いつもの2人の関係が出ていて思わず笑ってしまいます。

 

最後に

「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜」は、人間の本質や正義とは何かといった深いメッセージが込められていました。

ポワロ自らが殺人を犯してしまったのもショックなんですが、ドラマを見てるこちらとしてはやはりポワロが亡くなってしまったことのほうがショックが大きいですね。

事件の真相もあり当分ポワロロスが続きそうです...

しかし、こんなストーリーを1943年に執筆していたアガサ・クリスティってやっぱりすごい。

 

名探偵ポワロ Blu-ray BOX1

名探偵ポワロ Blu-ray BOX1

  • デビッド・スーシェ
Amazon